橋の下の世界

天井絵で中世の旅芸人、大道芸商人(定着した場所を持っていない人)が諸国を行脚しながら河原乞食としている橋の下に日本庭園技術や歌舞伎などの芸術が発祥した。